今、ビデオフォーマットの選択肢は多く、WebMとMP4は一般的なフォーマットがわかりますが、その違いはよくわかりませんでしょう。 WebMとMP4の比較 - WebMは本当にMP4より優れているのですか? この記事では、それについて詳しく理解していただくため、全面的な比較を行います。

インターネットからビデオをダウンロードする際、一般的なビデオフォーマットであるWebMやMP4を含んで、多くのビデオフォーマットがあることに気づいたでしょうか。 ビデオをWebMとMP4のどちらのファイルとして保存すべきかという迷う時があります。

心配する必要はありません。この記事を読めば、どのビデオフォーマットを使えばいいのかがわかります。以下では、MP4とWebMとは何かをお伝えし、WebMとMP4の詳細な比較をしていただきます。 さらに、WebMをMP4に変換する方法、またMP4をWebMに変換する方法の説明もあります。

WebMとは?

WebMは、2010年にGoogleが初発表した100%ロイヤリティフリーのオーディオビジュアルメディアファイルフォーマットです。 そのファイル構造はMatroskaコンテナに基づいているため、優れたビデオ品質をサポートします。WebMはウェブ用に設計されています(HTML5でサポートされているビデオ規格の1つ)。

このファイルフォーマットのビデオストリームは、VP8およびVP9ビデオコーデックで圧縮されています。 さらに、WebMファイルには、OpusまたはVorbisオーディオコーデックで圧縮されたオーディオストリームと、WebVITテキストトラックも含まれています。

現在では、Mozilla Firefox、Google Chrome、Operaなど、ほぼすべてのHTML5ウェブブラウザがWebM形式をサポートしています。 また、YouTubeチャンネルを運営する多くのユーザーにとって、YouTubeへのWebMビデオのアップロードが大切です。 また、Skype、ooVooもこのビデオフォーマットに対応しています。

MP4とは?

WebMとは何かを理解した上で、今度はMP4について基本的な理解を深めましょう。

MP4は、映像や音声を保存するためのISO/IEC規格に準拠したマルチメディアコンテナ形式で、MPEG-4 Part 14とも呼ばれています。そのほか、字幕や画像などのデータ保存もサポートします。MP4ファイルの正式な拡張子は.mp4です。 しかし、MP4はオープンソースではありません。

MP4は、ALC、H.264、HEVC/H.265など様々なビデオエンコードフォーマットに対応しています。MP4はプラットフォーム、ブラウザ、携帯電話などあらゆるデバイスで使用できるため、ほぼユニバーサルなファイルフォーマットと言えるでしょう。 また、インターネット上でMP4をストリーミング再生することができます。

MP4についての詳しい情報は、Wiki記事:MP4とは何か、MP3との違いは何かをご覧ください。

WebM VS MP4:何が違うの?

WebM and MP4の違いは何ですか?以下の比較を読んだら、それをわかるはずです。いくつかの具体的な側面を見ていきましょう。

MP4 VS WebM:画質

ユーザーにとって、「動画がどのように見えるか」は動画を視聴する際の重要なポイントです。 つまり、映像の画質はどうですか? では、WebMはMP4より画質が良いのでしょうか?

WebMとMP4はコーデックによって品質が決まります。一般的には、MP4の出力は高画質です。もちろん、WebMも高画質をサポートします。しかし、MP4と比較すると、ちょっと見劣りします。

ここでは、VP8とH.264という2つのコーデックを例として取り上げます。VP8とH.264のビデオは、どちらも同じビットレートでほぼ同じ品質を提供します。しかし、近年では、H.264がコーデックの中でトップに立っています。

要するに、MP4はWebMより品質が良いということです。

WebM VS MP4:サイズ

ビデオファイルサイズは、デバイスに保存できるビデオファイルの数や、ビデオ共有サイトにアップロードできるビデオファイルの数を決定することができるため、ユーザーにとって気になる重要な要素の一つでもあります。

実際、WebMとMP4はどちらも比較的小さなサイズに圧縮されています。しかし、それでもファイルサイズに差はあります。

上記のように、WebM動画はインターネットストリーミングに多く使用され、MP4よりYouTubeや他の一部のGoogleサイトでは人気があります。そして、WebM技術はファイルを圧縮して動作するので、全体のサイズはMP4より小さいです。また、WebMの動画はよりアクセスしやすく、インターネットからすぐにダウンロードすることができます。

ファイルサイズに関しては、WebMが勝者です。

WebM VS MP4:互換性

ユーザーにとって、画質やファイルサイズだけでなく、動画の互換性も気になるでしょう。つまり、MP4やWebMの動画をどのデバイスで見ることができるのか、ということです。

MP4動画は、iPhone、iPad、AndroidなどのPCやモバイルデバイスだけでなく、Chrome、Firefox、Edge、Opera、Safariなどのブラウザを含む任意のデバイスで再生することができます。そして、どんなメディアプレーヤーでもMP4を再生することができます。

WebMとMP4を比較する場合、WebMは劣位に位置しています。その原因は、マイクロソフトとマックがOSや携帯電話でWebMのサポートを提供する計画はにまだありません。しかし、デスクトップ側では、FlashのWebMサポートが不足分をカバーしているので、これは問題にはならないでしょう。つまり、実際では、Web用に設計された動画フォーマットであるWebMは、インターネットでの利用に適しています。

一言で言えば、MP4はWebMより互換性が高いです。

WebMとMP4を3つの側面から比較した後、より深く知っていただくために、以下のフォームをご覧ください。

高画質、古いパソコンでも再生でき、100%無料、誰でも使えます。

スペック WebM MP4
デベロッパー Google Inc 国際標準化機構
ファイル拡張子 .webm .mp4
対応ビデオコーデック VP8/VP9 H.265/HEVC, H.264, AVC
対応メディアプレーヤーとブラウザー Mozilla,Firefox, Opera, Google Chrome, Microsoft Internet Explorer すべてのメディアプレーヤーとブラウザー
対応ストリーミング WebMはインターネットストリーミングのために作られた Webサイトへのアップロードやファイルの移動・コピーが簡単にできる
対応ポータブル機器 モバイル機器間のサポート不足 Apple、Android、Microsoftのデバイスなどすべてのポータブルデバイスに対応
メリット
  • 高画質な動画
  • 古いコンピュータでも素晴らしいビデオ再生性能
  • 100%無料で、誰でも利用できる
  • YouTubeなどの人気サイトで利用可能
  • WebMより高画質な映像を実現
  • ロスレス画質で高圧縮
  • インターネットでの動画配信
デメリット モバイル機器やプレーヤーとの互換性が低い オンラインのMP4ファイルはプリバッファリングが必要

WebM VS MP4:どっちがいい?どちらを使うべき?

以上のMP4とWebMの比較から、両者の違いについて基本的な理解ができるでしょう。簡単に言えば、それぞれのビデオフォーマットにはメリットとデメリットがあります。では、どちらがよいのか、どちらを使えばよいのか?

結論から言うと、どちらも高画質な動画です。MP4は品質と互換性が良いですが、ファイルサイズが少し大きいです。

どちらを使うかは、それらを使って何をするかに依存します。ビデオの品質を重視し、どのデバイスでも使用できるビデオをダウンロードしたい場合は、MP4が適しています。ビデオをオンラインにアップロードまたは共有する必要がある場合は、WebMを利用したほうがいいです。それでもWebMとMP4の間で適切なフォーマットが選択できない場合、常にMP4を使用するだけです。

WebMをMP4に、またはMP4をWebMに変換する方法

WebMとMP4のどちらを使うデバイスであっても、どちらかをうまく使えるように動画をカスタマイズするために、動画変換ソフトを使う必要があるかもしれません。コンバータを使用すると、複数のデバイスでビデオを再生するためにWebMをMP4に変換することができますし、MP4をWebMに変換して、インターネットを介して迅速に共有することもできます。

次のパートでは、変換作業に便利なWebM vs MP4変換ソフトをいくつか紹介します。

MiniTool Video Converter

MiniTool Video Converterはプロなオーディオとvideo converterで、バンドルや広告なし、100%無料です。また、オーディオファイルをビデオに変換し、ビデオをオーディオに変換するために使用することができます。

MiniTool Video ConverterはAVI、ASF、FLV、F4V、DV、DIVX、MP4、MOV、MKV、WMV、M4V、MPG、M2TS、OGV、3GP、MXF、XVID、MPEG、VOB、WEBM、TSなど複数の入力と出力ファイルフォーマットがサポートされます。そのほか、バッチ動画変換をサポートし、多くの時間を節約できます。

さらに、MiniTool Video Converter は動画ダウンローダーでもあります。 このツールを使って、YouTubeの動画をダウンロードし、お気に入りの動画ファイルとして保存することができます。

さて、動画ファイルをWebMやMP4に変換するには、以下のボタンをクリックして、MiniTool Video Converterをダウンロードしてください。

無料ダウンロード

ステップ1: MiniTool Video Converterを起動して、メインインターフェイスで「ここにファイルを追加またはドラッグして、変換を開始します」ことが見えます。WebMやMP4などのファイルを以下のウィンドウに追加します。

MiniTool Video Converterのメインインターフェイス

ステップ2:出力形式を選択します。ここでは、WebMをMP4に変換したいので、MP4を選択します。そして、「動画」リストから解像度を指定する必要があります。また、「ターゲット」に移動して、MP4ファイルに新しい名前を付けて、ビデオを保存する先のパスを指定することができます。

MiniTool Video Converterで WebMをMP4に変換する

ステップ 3: その後、「変換」をクリックして、変換を開始します。

動画ファイルをPCにダウンロードしたい場合は、動画のURLをコピーして、「ダウンロード」をクリックし、WebMやMP4などの出力形式を選択します。その後、ダウンロードを開始します。

MiniTool動画ダウンロードでYouTubeビデオをダウンロード

Tip:MiniTool Video Converter 以外に、MiniTool uTube Downloader を使用して、WebM、MP4、または他のファイルのビデオをYouTubeビデオを PCにダウンロードすることができます。

“WebM と MP4 の比較を了解した後、どのフォーマットが欲しいかわかるでしょう。 何かの理由で変換する必要がある場合、MiniTool Video Converterはいい選択です。このツールを他人と共有しましょう。”Twitterでシェア

関連記事:Windows 10に対応する無料映画ビデオ変換ソフトTOP4

オンラインビデオコンバータ

#1. Online-Converter

このビデオコンバータは、簡単かつ迅速に1つのフォーマットから別のビデオに変換することができます。 さらに、このツールは、オーディオ、ファイル、画像などを変換することをサポートします。

WebMからMP4、MP4からWebMに変換するには、このツールをお勧めします。 それでは、その使い方を見ていきましょう。

ステップ 1: Online-Converterのウェブサイトにアクセスし、「Video Converter」のセクションからターゲットフォーマットを選択します。

ステップ 2: 新しいページでPCからソースファイルを選択します。

ステップ 3: 「Start conversion」をクリックします。

Online-ConverterでWebMからMP4への変換

#2. CloudConvert

CloudConvertはもう一つの無料オンラインファイル変換コンバータで、オーディオ、ビデオ、ドキュメント、アーカイブ、画像、電子書籍などを変換することができます。動画をMP4またはWebMに変換するには、次の手順に従います。

ステップ1:公式サイトにアクセスして、「Select File」をクリックして、ソースビデオファイルを選択します。

ステップ 2: 出力形式を選択します。

ステップ3: 「Convert」をクリックして、変換を開始します。

CloudConvert

Tip:これら二つのオンラインWebM VS MP4変換ソフトのほかに、Convertio、ZAMZAR、AnyConvなど、WebMとMP4の間で変換できるツールがたくさんあります。試してみてください。

ボトムライン

WebMとMP4:何が違うのか、WebMはMP4より優れているのか? この記事を読んだら、その答えがわかると思います。 ニーズに応じて適切なビデオフォーマットを選択するだけです。 また、一部のビデオコンバータはファイルをWebMやMP4に変換する機能にも対応できます。 必要であれば、ソフトを選んで変換しましょう。

また、他にアイデアがあれば、[email protected]までご連絡いただくか、下記コメント欄にお寄せ下さい。

WebM VS MP4 FAQ

WebMはMP4より優れているのですか?

画質と互換性では、MP4はWebMより優れています。動画ファイルのサイズに関しては、WebMのほうが小さいです。

MP4とWebM、どちらのビデオ画質が良いのでしょうか?

MP4はWebMより高画質です。つまり、ビデオの画質では、MP4が勝者です。

WebMビデオフォーマットは何ですか?

WebMは、Web用に設計されたオープンなビデオファイルフォーマットで、インターネットストリーミングに多く使用されています。なお、このフォーマットのビデオコーデックは、VP8またはVP9です。

MP4は高画質ですか?

MP4は、HD画質を損なわないように設計されており、その一般的なコーデックはH.264です。

  • Linkedin
  • Reddit