H.264とH.265はどちらが良いのでしょうか?AVC(H.264/MPEG-4 AVC)は2003年、HEVC(H.265/MPEG-H)は2013年に発表され、ともに動画圧縮の国際標準規格です。H.265はH.264の後継で、特に4K以上の動画で重要な役割を果たします。

H.264とH.265はどのようなもので、どう違うのでしょうか?H.264とH.265はどちらが良いのでしょうか?その答えを探ってみましょう。動画形式を変換したい方には、MiniTool Video Converterをお勧めします。

H.264とは?

H.264はAVC(Advanced Video Coding)とも呼ばれ、ブロック型・動き補償型の整数DCTコーディングに基づく動画圧縮規格で、デジタル動画コンテンツの記録・圧縮・配信を可能にするものです。

H.264はMPEG-2の後継で、そのアルゴリズムによりビットレートをさらに低く抑えています。Blu-rayディスクや動画ストリーミング配信で広く使われるエンコード形式です。

H.265とは?

H.265はHEVC (High Efficiency Video Coding) やMPEG-H Part 2とも呼ばれ、最新世代の高解像度動画向けに設計された動画圧縮規格です。広く使われているH.264の後継で、これまでの圧縮方式から大きな改良が加えられています。

AVCと比較すると、HEVCは同じ画質レベルで25%~50%のデータ圧縮が可能で、ビットレートを保ったまま動画品質が飛躍的に向上しています。8K UHDなど、最大8192×4320の解像度に対応しています。H.265では、Blu-rayディスクなどの物理ストレージに依存しない4Kストリーミングが可能です。

関連記事:HEVCプレイヤー ベスト5

H.264とH.265、どちらが良い?

H.265はH.264を大幅に改良したものなので、H.264よりもはるかに優れています。

ファイルサイズ: H.265は、H.264と同じ情報を低いビットレートでエンコードしますが、画質はH.264と同じです。つまり、同じファイルサイズやビットレートに圧縮した場合、H.265の方が高画質だということです。 

圧縮率: H.265の圧縮率はH.264の約2倍なので、同じ画質の動画でも容量は半分になります。

マクロブロック: H.264では最大16×16ピクセルですが、H.265では最大64×64ピクセルのマクロブロックを使用でき、どの解像度でも符号化効率が向上しています。

フレーム内予測: H.265のフレーム内予測機能はH.264よりも精度が高く、H.264が9方向のみであるのに対し、H.265は33方向の動きを許容します。

帯域幅: H.265はH.264と比較して必要な帯域幅が少なく、H.264が4K動画の再生に32Mbpsのインターネット速度を必要とするのに対し、HEVCは15Mbpsのみで済みます。

関連記事: 動画のビットレートとは?

動画形式の変換にお勧めのソフト - MiniTool Video Converter

無料で使いやすい動画変換ツールをお探しの方には、MiniTool Video Converterが最適です。1000以上の動画・音声形式の変換に対応しています。

高速な変換速度、多様な形式への変換、出力品質の選択、ユーザー定義の動画出力、バッチ処理などの機能を搭載しており、ほぼすべての動画ファイルをお使いのデバイスに合うように無劣化で変換します。

無料ダウンロード

MiniTool Video Converter

最後に

この記事を読んで、H.264とH.265の違いについてお分かりいただけたかと思います。ご質問やご意見がございましたら、[email protected]または下記のコメント欄にお寄せ下さい。

  • Linkedin
  • Reddit